akakutsusita’s diary

続ける事が目標。大人として成長したい男のブログ。

【読書】久しぶりに本を読んで気づいた2つの事。

f:id:akakutsusita:20181216011602j:plain

先週、スマホを触りすぎという話題を出した

 

akakutsusita.hateblo.jp

 その結果、本を手に取るようになった

 

最近では仕事から帰ってきても

自分の成長の為に時間を割いていなかった

 

久しぶりに真面目に読書をしようと思ったことで

今回は2つの事に気づく事があった

 

今回も完全主観的な問題で

自分の記録用みたいなものなので

読んでくださる方はご了承ください・・・・

本を読むスピード

久しぶりに真面目に本を読もうと思って

驚いた事があった

 

それは

 

本を読むスピードが遅くなっている事

 

それに気づいた時に「この本を読もう!」となった場合

この1冊にかかる時間はどのくらいかかるのだろうか?

と思った。

 

僕は速読などのスキルは持っていない。

 

無理にこのスキルをつけるよりも

たくさん読んで「慣れる」ことで早く読めるようにはなりたい

 

しかしこの「慣れる」というのは

自分でデータを出さないと、分かるものではない

 

1ページを読むスピード

10ページを読めるスピード

100ページを読めるスピード

読み続ける集中が持続する時間

 

数値で出してみたいデータはたくさんある

 

もちろん、書籍によって

文字の大きさや、行間など本によって構成がことなるので

どうしても性格な情報では無いにしても

 

今後、

自分の成長具合がデータ

勉強の計画など

活かせそうな気がする。

 

冒頭で話したスマホの使用時間と同じように

自分が消費している時間を管理するのも

自分の成長につながるんじゃないのかな

 

書籍を本当に真面目に読んでいるのか?

ふと、ある書籍を手に取ると

「書いてる意味がわからない」

と思い読まなくなることがある

 

しかし、後日あるきっかけで

「この前読まなかったあの本に書いてあったはず!」

と目的を持って本を読むと

全く違うことが書いてあるかのように

スラスラ読める事がある。

 

「読書はいい!」だけで読むのも意味が無い気がする

 

僕は基本、ビジネス書を読むのがすきだ

 

せっかく時間を書けて読むのであれば

今後身になるような知識を蓄えたいと思っていたが

 

読んだ後は、読了の快感しか残っていない事が多い

 

日が経って、その知識を使いたいと思ったときには

またその本を読まなくてはならない状態だ

 

ただの自己陶酔だけの読書は意味がない

 

きっと僕は

「ビジネス書が好き」ではなく

「難しい本を読んでる僕かっこいい!」

と思っているだけだったのである

 

よく聞く「キャリアポルノ」と同じで

読んだ後は人生変わるような衝撃を得られるが

基本、何も変わらないのと同じである

 

心が落ち着いてないと読書の効果がない

モヤモヤと考えごとがある時に

本を読むとある現象が起こる事がある

 

目は本の活字を追っているが

頭の中では別の事を考えているのである

 

ふと、その時に気づいて読んでいたところを読み返しても

全く記憶にないことがある。

 

自分は、結構考えすぎる人間である

それを払拭するために「瞑想」など取りれているが

まだ結果は出ていない。

 

ちゃんと、本を読む目的など考えていかないと

ずっと本を読んでいても無駄な時間を過ごすことになる

 

今後気をつけて、またブログにまとめていければと思う

 

終わりに、、、

こんな形で自分の目的や欠けている事に気づけたのは始めてだ

正直どのように対処し改善をすればいいかわからない

 

意外に、自分のことでも知らない事はたくさんある

 

それをまとめて、少しづつ改善をしていけば

今よりはマシな人生になると信じ、適当に頑張っていきたい

 

 以上、今回は「【読書】久しぶりに本を読んで気づいた2つの事。」

でした!